米軍提供の情報も北に流出、今後の韓米軍事情報共有に暗雲

5pt   2017-10-13 04:00
AYAの暇人日記

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/11/2017101101033.html?ent_rank_news


韓国軍のデータベースセンターに相当する国防統合データセンター(DIDC)が昨年9月に北朝鮮人と推定されるハッカーの不正アクセスに遭った際、米軍が機密に分類して韓国軍へ提供した北朝鮮関連の写真や、北朝鮮の無人機挑発を巡る韓国軍の対応措置などといった情報も流出していたことが10日までに確認された。米軍が集めた情報が韓国軍のミスで北朝鮮に流れたということで、今後韓米間の軍事情報共有に支障が生じかねない、という指摘がなされている。


 韓国国防部(省に相当)が国会国防委員会で与党「共に民主党」の幹事を務める李哲熙(イ・チョルヒ)議員に報告した内容によると、北朝鮮人と推定されるハッカーが韓国軍の内部ネットワーク(国防網)から盗み取った機密文書の中には、韓米両国の対北朝鮮偵察および諜報(ちょうほう)手段や、これらの手段の運用現況などが含まれていたという。北朝鮮が韓国の対北朝鮮偵察手段の運用現況を把握した場合、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の動きがつかまれることを最小限に抑え、ミサイル発射など挑発を行う際にも韓米の監視を避けることができる。李議員は「流出資料の中には、米軍が独自に収集して韓国軍に提供した写真ファイルが多数含まれていた」と語った。ただし、機密に分類された写真の内容は明らかにされなかった。ハッキング事件が起こった後、韓国軍は「外国政府などから受け取った資料は流出しなかった」と主張してきたことから、問題はもっと大きいという指摘がある。



前科ありすぎるからどうでもいい情報しか渡してないと思いますよ
気になさらないでください
   ユニークアンテナトップページへ
の話題が沢山。